HP「くろせの虫」で、今日出あった虫をブログで発表していましたが、10年経過してHPを閉じ、ブログだけ続けています。最近は、黒瀬の外で出会った虫が多くなっています。


by krsmusi
カレンダー

<   2007年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

6月の蛾

6月に出あった蛾です。ひとまず、名前がわかったものだけまとめました。

b0088772_23175045.jpg
ニセウンモンクチバ? 6/03

b0088772_23185566.jpg
シラフクチバ 6/11

b0088772_23194437.jpg
キシタエダシャク 6/05

b0088772_2320265.jpg
シロスジアオヨトウ 6/19

b0088772_23221886.jpg
ベニヘリコケガ 6/23

b0088772_23212118.jpg
ホシシャク 6/28

★お願い
蛾の名前は本当によく分かりません。間違いがありましたら、ご指摘ください。よろしくお願いいたします。
[PR]
by krsmusi | 2007-06-30 23:26 |

キイロヤマトンボ

2007.6.29
自宅庭で撮影
b0088772_21371348.jpg
b0088772_2137241.jpg
b0088772_21373448.jpg
b0088772_21374689.jpg

庭を黄色いトンボがホバリングしていた。
今までに見たことがない鮮やかな黄色いトンボだった。
必死でカメラに収めようとしたが、スピードが速くてとてもじゃないけれど、私の手には負えない・・・。
あきらめて、犬の散歩に出かけた。帰ったらいなくなっていた。

★キイロヤマトンボ・・・環境省の絶滅危惧Ⅱ類に指定されている。生息環境の悪化、減少による。
[PR]
by krsmusi | 2007-06-29 22:08 | エゾトンボ科

ムカシヤンマ

今年は再々ムカシヤンマに出会った。場所は3ヶ所だが。
5/29、6/06、6/08、6/10、6/18。
6月18日に出会ったのは、右腕に止まったり、帽子に止まったりして遊んでくれた。
左手に止まってくれなければ証拠写真にならない。残念。
b0088772_22205316.jpg
車の屋根に止まったムカシヤンマ

b0088772_22221949.jpg
地面に止まるとき、バタッとまるで落っこちたような音がする。
[PR]
by krsmusi | 2007-06-26 22:25 | ムカシヤンマ科

ハラビロトンボ 手乗り

2007.6.25
自宅庭で撮影
b0088772_22403424.jpg
後ろ足をそっと押して手乗りに誘った。中足まで乗ったら、後は前足までついてきた。

b0088772_22404360.jpg
何度か手乗りをしてくれると、次は前からアタックしても大丈夫。

b0088772_22405454.jpg
最後には出している手に止まりにきた。

ハラビロトンボ♀。まだ額の色は青くなっていない。今日一日、庭の一角に居座った。
[PR]
by krsmusi | 2007-06-25 22:51 | トンボ科

カナヘビ

2007.6.21
灰ヶ峰公園で撮影
b0088772_20515870.jpg

おいらの名前を知ってるかい。
カナヘビっていうんだよ。トカゲじゃないよ。
木登りが大好きさ。
トカゲよりおいらのほうが断然かわいいでしょ。
だって愛蛇だもん。

[PR]
by krsmusi | 2007-06-24 21:05 | おまけ

サラサヤンマ

2007.6.20
池のそばの墓所で撮影
b0088772_1946877.jpg
b0088772_1947496.jpg
b0088772_19473429.jpg

サラサヤンマは、出迎えてくれるのだ。
去年もそうだった。
こちらが訪れたことが分かるとどこからか出てきて挨拶をしてくれるのだ。
ほんとに、かわいいトンボである。
[PR]
by krsmusi | 2007-06-23 19:53 | オニヤンマ・ヤンマ科

ジャコウアゲハ 蛹

2007.6.19
草むらで撮影
b0088772_20262056.jpg
2日後に行ったらいなくなっていた。かんから陽が当たる場所だったので、移動したのだろうか。

b0088772_20271997.jpg
2日後に行ったら、羽化した後だった。

b0088772_202647100.jpg
とてもよく目立つ場所で蛹になっていた。どうして隠れていないのだろう・・・。わけが知りたくて、連れ帰った。無事に羽化してくれればいいなあ。

b0088772_20265932.jpg
上と同じ個体。

 憧れのジャコウアゲハの蛹である。幼虫時代の黒い色素はどこに行ったのだろう。こんな穏やかな黄色だとは知らなかった。
 あんなにたくさんの卵があったのに、蛹はたった2個しか見つけられなかった。上手に誰にも見つからない場所で蛹になっていることだろう。羽化したチョウたちがまた、乱舞する姿が見れるといいなあ。
[PR]
by krsmusi | 2007-06-22 20:36 | 卵・幼虫・蛹

メスグロヒョウモン

2007.6.20
自宅庭で撮影
b0088772_9325796.jpg
メスグロヒョウモン ♀

b0088772_9331163.jpg
目の模様が×印だ。

b0088772_933227.jpg
誘ったらすんなり指に乗ってきた。


 羽化直後なのか弱っているのか、あまり飛び方が上手ではなかった。PCで見て、もしかしたら羽化不全なのかと思う。しばらく庭にいたけれど、30分後にはいなくなっていた。飛んでいったのなら安心だけれど。
[PR]
by krsmusi | 2007-06-21 09:39 | タテハチョウ科

ハッチョウトンボ②

2007.6.17
三原市で撮影
b0088772_19265519.jpg


b0088772_19275034.jpg
♂  まだ真っ赤になっていないので、若いのだろう。

b0088772_19281140.jpg
翅が広いトンボである。
[PR]
by krsmusi | 2007-06-20 19:34 | トンボ科

ハッチョウトンボ

2007.6.17
三原市で撮影
b0088772_18311100.jpg
b0088772_1832737.jpg
b0088772_1834393.jpg

b0088772_182029.jpg
b0088772_1821286.jpg

ヒョウモンモドキのいる湿地にはハッチョウトンボもたくさんいました。
今日は真っ赤なオスの写真です。
どんなに小さくても一人前のトンボ、縄張りをしっかり守っていました。
[PR]
by krsmusi | 2007-06-19 18:07 | トンボ科