HP「くろせの虫」で、今日出あった虫をブログで発表していましたが、10年経過してHPを閉じ、ブログだけ続けています。最近は、黒瀬の外で出会った虫が多くなっています。


by krsmusi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ギフチョウ②


b0088772_1945159.jpg
b0088772_1951082.jpg

今年2回目のギフチョウ撮影。前回より6日後。
山道を車で走っていると、前方にチョウの姿、ギフチョウだ。
えっ、こんなところで出会うなんて・・・。
途中の道でも2頭のギフチョウに出会う。いずれも写真には撮れずじまい。
目的の場所に着いたが、前回よりうんと数が少なくて、やっと2,3頭のギフチョウに出会えたのみ。どうやら伴侶を求めて旅に出たらしい。
ちょうどよいときに出かけないと会えないのだとわかる。当然のこと。
きっと来年も会えますように・・・。
[PR]
# by krsmusi | 2006-04-24 19:03 | アゲハチョウ科

ウラギンシジミ

庭の椿の葉に止まっている。
今年初見だ。
b0088772_22105010.jpg

2006.4.19
自宅庭で撮影。
[PR]
# by krsmusi | 2006-04-19 22:08 | シジミチョウ科

ギフチョウ 

2006.4.18  山で撮影

b0088772_2156343.jpg

b0088772_21565112.jpg

前回に訪れたときは、早すぎたのか、1頭もいなかった。
4月18日、山の桜は6分咲き。ギフチョウが数頭現れた。
初めて出あった春の女神。写真など撮らずにずっと眺めていたかった。
[PR]
# by krsmusi | 2006-04-18 21:44 | アゲハチョウ科

ヒオドシチョウ

b0088772_893695.jpg
2006.3.11 呉市郷原町の山道  今年所見
b0088772_89552.jpg
2006.3.15 黒瀬町の山道

この小さい体で冬を越すということは、きっと大変なことなのだろうと思う。
特に、今年の冬は厳しかった。
ほとんど翅の傷みがない子、ぼろぼろの子、いろいろな冬があったのだろうな。
[PR]
# by krsmusi | 2006-03-15 16:51 | タテハチョウ科

アジアイトトンボ

2005.6.26
草むらで撮影
b0088772_1115370.jpg
b0088772_11151484.jpg
b0088772_11152361.jpg
b0088772_11153670.jpg

アオモンイトトンボはよく出会いますが、アジアイトトンボにはあまり出会いがありません。
2005年の6月に一度撮っていますので、さかのぼってUPします。2007.7.24


☆アジアイトトンボ・・・・・腹部第1節・第2節に黒班がある。
☆アオモンイトトンボ・・・腹部第1節には黒班がなく、第2節途中から黒班が出る。
[PR]
# by krsmusi | 2005-06-26 11:13 | イトトンボ科

ベニイトトンボ

2004.8.30
自宅庭で撮影
b0088772_22285541.jpg
b0088772_2229685.jpg
b0088772_22291713.jpg

発泡スチロール池のホテイアオイに止まっているベニイトトンボ♂

我が家には池が4つある。
①深さが1mある大きい池
②古い風呂桶にスイレンを植えている池
③花ハスを植えている直径1mくらいのセメント枠の池
④コナギ・ホテイアオイを植えている発泡スチロールの池

ベニイトトンボは発泡スチロールの池のホテイアオイの葉の上に止まっていた。
このときはベニイトトンボが珍しいトンボだなんて知らなかったので、ごく普通に写真を撮ったが、今なら手が震えてしまうかもしれない。
どこから飛んできたのだろう。台風の風に飛ばされてやってきたのだろうか。
近くに生きているのだろうか。

追記
2005年、2006年、出会うことかなわず。
[PR]
# by krsmusi | 2004-08-30 22:27 | イトトンボ科