HP「くろせの虫」で、今日出あった虫をブログで発表していましたが、10年経過してHPを閉じ、ブログだけ続けています。最近は、黒瀬の外で出会った虫が多くなっています。


by krsmusi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:イチモンジチョウ ( 6 ) タグの人気記事

アサマイチモンジ

b0088772_10461866.jpg
アサマイチモンジがしばらく遊んでくれた。

b0088772_10462647.jpg

b0088772_10463237.jpg

b0088772_10464093.jpg
・・・・・・・・

b0088772_10464640.jpg
イチモンジチョウもいた。柿木川

[PR]
by krsmusi | 2016-05-19 10:35 | タテハチョウ科

灰ヶ峰 吸水場

b0088772_1956679.jpg
ダイミョウセセリ

b0088772_19561531.jpg
イチモンジチョウ

b0088772_19562462.jpg
ヒメキマダラセセリ

b0088772_19563354.jpg
テングチョウ

b0088772_19564650.jpg
コチャバネ
[PR]
by krsmusi | 2014-05-30 10:54 | 今日の虫

最近出あった虫

b0088772_15515447.jpg
ダビドサナエ

b0088772_1552477.jpg
これが突起かな。

b0088772_15523369.jpg
アサマイチモンジ

b0088772_15525910.jpg
イチモンジチョウ

b0088772_15532012.jpg
カワトンボ

b0088772_15533814.jpg
庭の池で産卵するクロスジギンヤンマ

b0088772_15534857.jpg
毎年産卵する。

b0088772_1554286.jpg
先日はオスを見かけた。
[PR]
by krsmusi | 2011-06-05 15:50 | 今日の虫

5月31日 灰ヶ峰公園の蝶

2008.5.31 灰ヶ峰公園で撮影
b0088772_1453595.jpg
カラスアゲハ

b0088772_14542472.jpg
イチモンジチョウ

b0088772_14543730.jpg
ダイミョウセセリ  

b0088772_1454596.jpg
クロアゲハ


 久しぶりに灰ヶ峰公園へ出かけた。事件が起きてから、2度目。

 事件とは・・・

 オオムラサキの幼虫をエノキの枝に放して網の袋をかぶせていたのが、袋ごと枝から折り取られていたのだ。
 工業団地造成のため、オオムラサキやゴマダラチョウのいるエノキの木が切られるというので、ひろしま自然の会が保護した幼虫を、灰ヶ峰公園に放し、毎月催される自然観察会で成長を観察しようという計画だったという。4月20日に放し、4月29日にはもう枝が折られていたという、これは、事件である。オオムラサキの観察を楽しみにしていた子どもたちの夢も一緒に手折った。

 灰ヶ峰公園をオオムラサキが舞う夢をまだ見ているmagである。



 
 
[PR]
by krsmusi | 2008-06-01 15:51 | 今日の虫

灰ヶ峰林道

2006.6.30
灰ヶ峰の林道で出あった虫たちです。
b0088772_1150445.jpg
アカシジミ

b0088772_11501710.jpg
イチモンジチョウ

b0088772_11503253.jpg
サツマシジミ

b0088772_11505447.jpg
オオチャバネセセリ

林道を車で走っていると、助手席の夫が、「蝶がいた。」というので、車を止めました。
アカシジミがススキの葉に止まっています。こんなに小さな蝶をよく見つけたものだと二人で感心しました。蝶を探す目の数は多いほうがいいに決まっています。時々一緒に行ってくれる夫は心強いパートナーなのです。
車を止めた場所は、栗の木があり、今、花盛りでした。ススキやヒメジョオンなどたくさんの草が茂ってしました。イチモンジチョウも、オオチャバネセセリも同じ場所にいました。林道を車ではなく歩くといいのでしょうね。
[PR]
by krsmusi | 2006-06-30 16:46 | 今日の虫

イチモンジチョウ

2006.5.31
山すその小川で撮影
b0088772_235107.jpg
b0088772_2352572.jpg


100mほど離れた場所で、既にアサマイチモンジをたくさん撮っていた。
メモリーが少なくなっていたから、もし、コガクウツギの花に止まっていなかったら、
きっと撮るのを止めていただろう。運がよかった。

去年、出会ったのは全部アサマイチモンジだった。
イチモンジチョウはこの辺にはいないのかと思っていた。その、イチモンジチョウだったのだ。
現場ですぐにイチモンジチョウとアサマイチモンジの区別がつくほど、詳しくないので、
とりあえず撮っておくというのが自分には大切になってくる。
まだまだ出会っていないチョウはたくさんいる。
[PR]
by krsmusi | 2006-05-31 23:02 | タテハチョウ科