HP「くろせの虫」で、今日出あった虫をブログで発表していましたが、10年経過してHPを閉じ、ブログだけ続けています。最近は、黒瀬の外で出会った虫が多くなっています。


by krsmusi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:クロツバメシジミ ( 15 ) タグの人気記事

島のクロツ (愛媛県)

 島のクロツバメシジミ、3度目の正直、やっと出会えた。

b0088772_2175627.jpg
翅形が尖っているのかな?

b0088772_21102683.jpg
前翅裏面中央黒班列の下から2番目の黒班が内に入っている・・・

b0088772_21105755.jpg
一番下の黒班は斜めになって外に寄っているのかな・・・。


※県内の本種は、大きく2つの変異集団に分けることができる。県東部の沿岸地帯や島嶼部の個体群は翅形がかなり尖る傾向があり、前翅裏面中央黒班列の下から2番目の黒班が内に入り、一番下の黒班は斜めになって外に寄っている。吉備高原の個体群は前翅裏面中央黒班列の下から2番目の黒班が外に寄り、一番下の黒班はそれほど外に寄らない。(「広島県蝶類図鑑 昆虫の家「頑愚庵」所蔵 昆虫標本図録(1) 下蒲刈町」より引用)
[PR]
by krsmusi | 2009-10-29 21:44 | シジミチョウ科

クロツバメシジミ

 去年、ブログ散歩で見つけたクロツのポイントへ、今年も行ってみた。もう少し早く出かけたかったのだけれど、長雨が続いて・・・、晴れても諸事情で出かけられず・・・、今日になった。他にも寄りたい場所はあるのだけれど、自分に許されている時間は3時間、寄り道なしのクロツ探し。
 やはり少し遅かったようで、かつかつ1頭出会った。

b0088772_1633629.jpg
b0088772_16332786.jpg


 帰り道にもう1箇所のクロツのポイントへ。いなかった。
b0088772_1638710.jpg
紛らわしく踊っていたのはヤマトシジミ。
[PR]
by krsmusi | 2009-08-14 16:44 | シジミチョウ科

クロツバメシジミ 産卵

b0088772_235419.jpg
オノマンネングサ

b0088772_230498.jpg
オノマンネングサの中にもぐりこんで、

b0088772_231124.jpg
産卵をするクロツバメシジミ

b0088772_2311092.jpg
角度がうまくあわなくて、失敗写真ばかりになった・・・。

b0088772_231569.jpg
産卵後のひと休み。また、もぐりこむ。

b0088772_2312242.jpg
ツメレンゲでは産卵場所を探してはいたけれど、産卵していなかったような気がする。隠れ場所がないからだろうか?

b0088772_2353173.jpg
こんなに優しくツメレンゲが咲いているというのに、吸密もせず・・・、

b0088772_23153429.jpg
石にとまってばかりのクロツバメシジミ008.gif
[PR]
by krsmusi | 2008-10-28 23:18 | シジミチョウ科

8月31日 今日の虫

b0088772_22401435.jpg
クロツバメシジミ

b0088772_22405019.jpg
ヤマトシジミ 産卵 (実は、クロツだと思って長い時間追っかけていて・・・。)

b0088772_22413646.jpg
ムラサキシジミ

b0088772_2242724.jpg
オスグロトモエ

b0088772_22423461.jpg
アカサシガメ 幼虫 ?

クロツを撮りにいって、ヤマトを追っかけ、シマヘビに追っかけられて今日はお終い。
[PR]
by krsmusi | 2008-08-31 23:02 | 今日の虫

クロツバメシジミ

 暇があれば、ツメレンゲを探して隣町まで繰り出すが、なかなか見つけられないでいる。今日はあるブログに載っていた写真を手がかりに隣の隣の町へ出かけた。

 
b0088772_865729.jpg
おおよその見当をつけていたところとは違っていたが、何とかたどり着けた。ぴらぴら飛んでいるはずのクロツにはあえなかった、蛇がいたので早々に立ち去った。

b0088772_8102122.jpg
途中で見つけた石垣のツメレンゲはとても小さくて、クロツの姿もなし。


先日教わった石垣に行ってみた、石垣から離れて草むらにいた。
b0088772_8132664.jpg
b0088772_8133978.jpg
b0088772_814481.jpg

もう1頭いた、翅表の色が少し違うので、雌雄を撮れたかと大喜びをしたら、ヤマトシジミだった。同じ場所に居たら同じ種類だと思う癖がぬけない。ギャフンである。
[PR]
by krsmusi | 2008-08-24 08:24 | シジミチョウ科