HP「くろせの虫」で、今日出あった虫をブログで発表していましたが、10年経過してHPを閉じ、ブログだけ続けています。最近は、黒瀬の外で出会った虫が多くなっています。


by krsmusi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:スジボソヤマキチョウ ( 10 ) タグの人気記事

スジボソヤマキチョウ

b0088772_11271004.jpg

b0088772_11272724.jpg
ミツバベンケイソウの花で吸蜜 宇山にて

[PR]
by krsmusi | 2016-09-25 11:26 | シロチョウ科
b0088772_16045022.jpg
今年はいろんなところでスジボソヤマキチョウに出会う。

b0088772_16053395.jpg
ヤマホウズキを探した林縁で。

b0088772_16060360.jpg
ヤマキマダラヒカゲは草むらに産卵。

b0088772_16064084.jpg


b0088772_16071231.jpg
ボロボロのスジグロシロチョウ。



[PR]
by krsmusi | 2016-09-02 14:03 | 今日の虫

4月11日 帝釈峡のチョウ

b0088772_19423834.jpg
飛んでいるときは貴重だと思った、きれいなきいろいチョウだった。


b0088772_19424584.jpg
スジグロシロチョウによく出会った。


b0088772_19425458.jpg
翅を開いて止まることが多い。


[PR]
by krsmusi | 2015-04-11 12:41 | 今日の虫
b0088772_14264259.jpg
ケスハマソウの谷にスジボソヤマキチョウがいた。
花そっちのけで追いかけた。


b0088772_14252220.jpg
花と一緒に目覚めたのだろうね。


b0088772_14253672.jpg
ミチノクフクジュソウの咲く谷でもスジボソヤマキチョウがいた。
こちらはヒメオドリコソウで吸蜜中。


b0088772_14254745.jpg
キタテハはナズナで吸蜜中、
春である。



[PR]
by krsmusi | 2015-03-28 12:24 | 今日の虫

スジボソヤマキチョウ

b0088772_18244725.jpg


b0088772_182549.jpg


b0088772_18251714.jpg


b0088772_18252564.jpg


b0088772_18253225.jpg
スジボソヤマキチョウ  2013.6.06  庄原市帝釈峡
[PR]
by krsmusi | 2013-09-06 11:22 | シロチョウ科

スジボソヤマキチョウ

b0088772_18301438.jpg


b0088772_18302245.jpg


b0088772_18303375.jpg
葉っぱの中に隠れたら、どこにいるのかわからなくなる。
[PR]
by krsmusi | 2013-06-17 18:30 | シロチョウ科
b0088772_21434436.jpg
スジボソヤマキチョウ  越冬個体でないのに出会うのは初めてだ。

b0088772_21441448.jpg
オオヒカゲ  2度目の出会い、大きいチョウだ。

b0088772_21454642.jpg
ゴイシシジミ  翅表が黒いのがわかる。

b0088772_2145142.jpg
ヒメシジミ♀  かわいいのでどうしても撮ってしまう。  

b0088772_2146661.jpg
クロコノマチョウ  目にピントが来ているのかいないのか・・・。

b0088772_21454691.jpg
メスアカミドリシジミ  もっと早い時期に出会いたいものだ。

b0088772_21464420.jpg
メスアカミドリシジミ  ずいぶん傷んでいる。

[PR]
by krsmusi | 2012-07-18 21:42 | 今日の虫

スジボソヤマキチョウ

b0088772_1333117.jpg
それっ止まったぞ。まずは一枚。

b0088772_1334540.jpg
近づいてもう一枚。見事な横倒し!!!

2007年の4月に初めて出会って、今回2度目。前回も帝釈峡だった。
[PR]
by krsmusi | 2011-03-30 18:02 | シロチョウ科

スジボソヤマキチョウ

2008.3.08 吉舎町安田で撮影
b0088772_1819881.jpg
b0088772_18192478.jpg

 3月8日、天気晴れ。午後2時、ユキワリイチゲの花を撮りにいった。すでに3台の車が止まっていて、カメラを持った人が数人、花の前にいた。
 なんとか1台分の駐車スペースが空いており、安心して車を止めた。さて、花の場所へ行こうかな、少し待とうかなと思案している目の前を、黄色い蝶が飛んでいく。あっ、キチョウだ、こんなところで会うなんて、と思ったが、花を撮るまでの時間つぶしににちょうどいい、そう思って追いかけた。
 あれ、少し様子が違うぞ。草の上に止まったら、消えてしまうのだ。キチョウだったらそんなことはない。俄然本気になって追いかける。飛んでいる姿はキチョウのようにまっ黄色、とても美しい。止まったら消えるというのは、翅の裏が回りの枯れ草と同じ色をしているのだった。何度目かにやっと気がついて、止まったと思う場所をはずさないようにしたら、やっと蝶の姿が見えてきた。
 へんな蝶だ、ぶら下がって止まっていないのだ、ばたんと真横になって止まっている、まるで葉っぱが一枚落ちているように。
 最後には崖の上にまで逃げられて仕方なく花の場所へ戻った。花を撮っている人たちがどんな顔をして自分を見ていたのか・・・・・それは全然わからない。誰も何も言わないし自分も何も言わない。花の写真を撮って帰った。
[PR]
by krsmusi | 2008-03-09 18:17 | シロチョウ科
2007.4.24
帝釈峡で撮影
b0088772_22243771.jpg

帝釈峡の散歩道を歩いているとき、確かに白い蝶が舞い降りたと思ったのだが、急ぎその場所に行ってみるとなにやら白い枯葉が一枚落ちているような感じがして、さっき見たものは何だったのだろうと不思議だった。が、近づいてよく見ると確かに白い蝶だった。止まり方が今まで見たチョウたちと違っているよう・・・。どろはねでもついているよう、汚れた感じの蝶、初めて見る蝶だった。
図鑑で調べたら、スジボソヤマキチョウの越冬成虫には汚点が生じると書いてあった。いろいろな蝶がいるものだなあ。
[PR]
by krsmusi | 2007-04-24 22:22 | シロチョウ科